DJ KAYA

DJ KAYA

渋谷から数々のムーブメントを仕掛け、クラブシーンを熱狂の渦に巻き込んできたトレンドセッターであり、あらゆるジャンルを操る数少ないオールラウンドDJ・プロデューサー。

自らのプレイスタイルを“K-STYLE”とし渋谷FURAや六本木VANILLAで開催していたイベントは今や伝説となり、トランス市場を確立した第一人者でもある。
時代の一歩先を感じとる特別な才能と、その幅広い選曲眼を活かし、数多くのCDプロデュース、監修/ノンストップ・ミックスを手掛け、そのどれもが若者のマスターピースとして大ヒットしている。
中でもTRANCE RAVEシリーズにおいては、TRANCE CDとして初のオリコントップ10にランクイン、洋楽部門では1位を獲得。
オリジナル曲「フレンズ」が日本人DJとして初めて 日本ゴールドディスク大賞公認アルバムに収録され、大きな話題となった。

また世界最大規模のイベント、FIFAワールドカップ公式イベント「FIFA WORLD CUP PUBLIC VIEWING」にGUESTDJとして招かれ、3万人ものサポーターを熱狂の渦の中に巻きこんだプレイは今や伝説と化している。

2010年には「自国の曲で踊る」をテーマに掲げ、日本の音楽シーンの新しい可能性に挑戦すべく、『J-DANCE × DJ × ARTIST』の新プロジェクト「JAPANATION(ジャパネイション)」を始動させる。
J-DANCE REMIXにも定評があり、EXILEの「I Wish For You」において、「I Wish For You」「VICTORY」「Someday」「銀河鉄道999」「Choo Choo TRAIN」といった、全7曲収録中5曲の人気楽曲のRemixを手掛けており、その勢いと高い注目を受けている。

2010年以降には日本を代表し海外イベントでも活躍し、上海万博コ・フェスタ IN 上海や、日中国交回復40周年記念イベント活力日本展、などのイベントにもゲスト出演。2011年にはイタリアのトスカーナ州ルッカ市で開催されるヨーロッパ最古のコミックコンベンション「Lucca Comics & Games 2011」にトリのDJとしてゲスト出演。
その他、南米4カ国ツアー「ブラジル、アルゼンチン、ペルー、チリ」なども成功させ海外からの評価も高くなっている。
2012年には上海万博に続くBIE認定の韓国南部で開催される万博、「2012麗水世界博覧会」やスウェーデンで最も大きいアジアのポップ・カルチャーコンベンション「12th UppCon」にもゲスト出演している。

国内においても、2012年に発売された『EXILE JAPAN / Solo』にはDJKAYAが手掛けたSomeday -House Version 2012- が収録され、EXILE LIVETOUR 2012のメイン曲として爆発的な盛り上がりをみせた。
近年は、GReeeeNの『緑一色歌合戦』にDJとして参加しGReeeeN楽曲のみによるNON-STOP MIXを披露、後のレンタル限定CD「GReeeeNまるわかり!?メガミックス」を制作、「ZEN-LA-ROCK」とのコラボレーション、覆面3人組エレクトロニック・ダンス/ポップ・ユニット「CTS」のプロデュース等々、ジャンルレスで幅広い活動を行っている。

【English】
Japanese all round trendsetting DJ.
Total sales of compilation albums he has been involved with have reached more than million copies.

He is known as a dance floor hacker with his unique genreless style.
At J-POP nights held in Tokyo clubs such as Atom and Camelot, thousand audiences gathered despite the fact that these were weekday events.

As for productions he has succeeded to set May J. “Garden” (UNITED COLORS Remix) as a classic for Japanese club scene. Soon after he contributed a remix track for Japanese pop dance group EXILE. This another classic has been played numerous times by DJs.

in 2010, he has teamed up with rhythm zone – Japanese record label in the Avex Records Group. As a project organiser he started JAPANATION and released two mix CDs “JAPANATION” and “JAPANATION 2nd floor”.

He has played at Korean EXPO and Swedish Anime and Manga convention UppCon in 2012 while playing as a resident DJ at Atom, Camelot and Axxcis – all located in Shibuya, Tokyo.

DJ KAYA HP : http://djkaya.syncl.jp/